マイペースみずみず日記
マイペース主婦みずみずの日記です。就職→結婚→出産→育児、初めてのことにマイペースで取り組んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

看護師になって ②

看護師になって2年目。
毎日、仕事に追われていっぱいいっぱい。

新人が入ってきて、ひとつ“お姉さん”なりました。
その辺りから、少しずつ変化して、1年かけて、なんとか看護師の仲間入りをしたように思います。

1年目には先輩がいつも見ていてくれた。
ちょっとした失敗や、わからないところ、そしてたまに上手にできたこと、見ていてくれましたが、2年目になるとそうはいかない。
新人が1人前になるまでに手がかかるので、2年目になった私はほったらかし。

“先輩にフォローしてもらえる”って思ってた。
すごく自分勝手だけど、そう思って仕事してたなぁ。。。
おバカな考え方だよ。本当に。

だけど、一人で任されて、わからないときだけ先輩に聞いてたら、少しずつ責任感というか、患者さんを見る目とか、先輩からの言葉の意味とか感じてきた気がする。
そのときに初めて気づいた。
新人で病棟に配属されたときに、“1年目なんだから謙虚に”と先輩が言ってた。

本当は1年目じゃなくても謙虚に。なんだけど。

教えてもらって仕事してる、資格を取っただけの新人。
生まれて間もない赤ちゃんのような存在。
だけど、大人なんだから、教えてもらう態度ってあるんじゃない?

私。。。教えてもらって、お礼は言うものの“私は○○だと思ったから、こうしたんです。”と反論というか、口答えしてた。
そりゃ先輩たちも嫌になるわ。

今、この場を借りて謝らせて下さい。
本当に申し訳ありません。

今でも時々、空気の読めてない先走ったこととか、トンチンカンなこととかやってます。
マイペースなみずみずは、家庭でも職場でも健在。
だけど、頑張ってます。
言っちゃいけないこと、言わないほうがいいこと、学んでる途中。

幸いにも先輩たちは注意してくれる。
注意してもらえなくなったら、おしまい。
成長する機会を与えてくれる先輩に感謝です。

これからも頑張ります。日々、努力!!

FC2ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2008/09/10(水) 04:54:01|
  2. 仕事のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

看護師になって ①

看護師になって・・・。
1年目にはプリセプターシップという制度があって、3年以上先輩からマンツーマンで指導を受けることができます。
1年間面倒を見てもらえるのですが、人間関係は難しいですね。

私自身の心構えがなってないこと、S先輩は気づいていたのでしょう。
指導時の言葉がキツイ。本当にキツかった。
こんな子、辞めさせたいと思っていたのかもしれない。

私自身は辞めたいと思っていて実家に帰る度、泣きながら愚痴を言い、辞めたいと言ってたけれど、両親の“3年は頑張りなさい。”という言葉。
辞めることで困難から逃げてしまえば、この先の人生を楽なほうに逃げ続けるだけだということを伝えてくれたのではと思っています。

日勤は17:15終了なのに、毎日21:00を過ぎるのが当たり前。
なんでそんなに時間がかかるのか、改善するにはどうしたらいいのか、S先輩と話し合う日々。

医療事故につながる寸前の“ヒヤリハット”もたくさんあった。
確認不足や、私自身の焦り、知識不足、判断力の不足、ほう・れん・そう(報告・連絡・相談)の不徹底・・・。
原因は私自身にあり、いつも怒られ、改善するにはどうしたらいいか、S先輩と主任と病棟師長と話し合いを何度も何度も繰り返していた。

仕事をすること、命を預かること、人間として向き合うこと、わからないことを勉強すること、いろいろなことに対する自覚と責任感の欠如。

看護をすることから逃げていたのかもしれない。
このときの気持ちは今でもよくわからない。
適当にできる仕事ではないと気づいたことだけは確かだった。

長いので続きます。

FC2ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2008/08/20(水) 22:37:11|
  2. 仕事のこと
  3. | コメント:0

看護学生のとき

産休に入り、仕事から離れて2ヶ月半。
家に居ると自分の時間があって、仕事をしている間の忙しかった生活を振り返ることもできますね。

高校生のとき、進路を決める時期って来ますよね。
私はそのとき、“一生働けて、一旦辞めても再就職ができる仕事”を考えた。
そこで思いついたのが、“看護師”だった。
そのときの私は資格のことしか考えてなくて、病気や怪我の人の役に立ちたいっていう気持ちが少ししかなかった。
今思えば、自分本位で未熟な考えだと思う。

看護師の専門学校に合格し、授業と実習を受けたけど、積極性ナシ。
実習に行くときは5人のグループなんだけど、私が患者さんのことを何も悩まずに淡々と学生生活を送っていた。
グループのみんなは不思議に思い全く理解できなかったんだと思います。
先生方も私への関わり方を色々と工夫し、私が自分で気づけるようにサポートをしてくれていました。
だけど、うっとうしく思い、全く変わらなかった私。
そのまま一度も単位を落とすことなく学生生活を送り、順調に国家試験を受け、卒業してしまった。
そのときの自分は軽蔑されて当然です。
真剣に看護に取り組む人にとっては、一緒に仕事をしたくない存在でしょう。

実習のときに受け持たせていただいた患者さん、グループのみんな、先生方、支えてくれたたくさんの方たちに対して本当に申し訳ない。

振り返ると、1人の患者さんのことを考え、その方の気持ち、その方の為に何ができるか、その方にとって一番望ましい状態(身体的にも、精神的にも、社会的にも、などなど)はどういう状態か、その方の家族のこと、などなど・・・。
学生のうちは1人の患者さんだけに焦点を当てて、集中して様々な看護を提供できる。
それだけ密度の濃い経験をしなければいけないのに、私は薄っぺらく浅く受動的に過ごしてしまった・・・。
最低なことに“実習なんて面倒くさい”と思うことも数え切れなかった。
看護で大事なことを勉強できる大切な時間を無駄に過ごしてしまったこと。
すごく後悔しています。

今、そのときの先生に会うと“変わったね。”と言って下さる。
本当にたくさん心配をおかけしたのだと思うと、申し訳なくて言葉が見つからないくらいです。
もう一度、学生に戻ってやり直したい。
今は心からそう思えます。

そうして一番大事なことに気づけないまま、2005年4月、地元の専門的な分野のある割と大きめの病院に就職した。

長くなるので、続きはまた今度・・・。

FC2ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

  1. 2008/08/01(金) 23:58:52|
  2. 仕事のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆ブログランキング☆

にほんブログ村 子育てブログへ

プロフィール

みずみず0329

Author:みずみず0329
26歳の兼業主婦(産休&育休中)です。
2008年7月2日にムスメを出産しました。
優しい主人と周囲の人たちの協力を得ながら、育児にマイペースで奮闘中。
2009年4月、職場に復帰しました。
1年が経ちますがいまだに自分の立ち位置がよくわかりません。

※アダルト系・不適切だと思われるコメント・トラックバックについては予告なく削除します。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ムスメ0ヶ月 (1)
ムスメ1ヶ月 (14)
ムスメ2ヶ月 (8)
ムスメ3ヶ月 (5)
ムスメ4ヶ月 (3)
ムスメ5ヶ月 (6)
ムスメ6ヶ月 (3)
ムスメ7ヶ月 (12)
ムスメ8ヶ月 (9)
ムスメ9ヶ月 (7)
ワーキングマザーになること (3)
私のこと (4)
仕事のこと (3)
主人のこと (4)
日常のこと (3)
マイホームのこと (1)
未分類 (2)
ムスメ11ヶ月 (1)
ムスメ1歳 (2)

リンク☆お友達です

ムスメはただいま・・・

Lilypie 1st Birthday Ticker

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード